台湾旅行で役立つ豆知識 プリペイドSIMカード

みなさん、今やスマホは手放せないツールだと思うんですが、

台湾旅行でもスマホがあればとても便利です。

お店探しに地図を見たり、MRTの路線図を見て下車駅を確認したり、

私はスクーターをレンタルした時に、ナビとしても使いました。

台湾でスマホの利用をするにはどういう方法があるかというと

・海外ローミング

・海外用Wifiレンタル

・台湾プリペイドSIMカード

・フリーWifi

等があります。

海外ローミング。

お持ちのスマホのローミング設定を”ON”にしておけば、

難しい設定も必要なく利用することが出来るんですが、料金が高い。

ただ、1泊2日など弾丸旅行であればこれでもいいかなと思います。

面倒くさくないですしね。

ドコモ海外ローミング

https://www.nttdocomo.co.jp/service/world/roaming/
au海外ローミング

https://www.au.com/mobile/service/global/global-passport/
ソフトバンク海外ローミング

https://www.softbank.jp/mobile/service/global/overseas/

海外用Wifiレンタル。

これは海外ローミングに比べると値段が安いです。

利用も日本の空港で受け取って日本の空港で返却とあんまり面倒くさくなさそうです。

しかしルーターのバッテリーの持ちが3~4時間位と短く、こまめに電源のオンオフをすれば

1日持つかもしれませんが、電池切れが不安ですよね。

モバイルバッテリーがあれば問題ないですけど。

以下は、モバイルルーターのレンタル会社です。参考にして下さい。

台湾専用Wi-Fiルーターなら安定感抜群!利用制限なしの台湾データ

格安の海外用WiFiはワイホー

海外でスマホ使うなら【イモトのWiFi】

フリーWifi

フリーWiFiは繋がる場所を探さなければいけないのが面倒くさいですね。

台北中心部とかであれば、WiFiスポットはたくさんありますけど

チョット郊外に行くと繋がる場所はガクンと減りますから

使い勝手がいいとは言えません。

フリーWiFiのみでのネット接続は実用的ではないですね。

プリペイドSIMカード

そして、プリペイドSIMです。

まず通信会社なんですが、以下の5社があります

・中華電信

・台湾大哥大

・遠傳電信

・台湾之星

・亞太電信

上記の5社では、台湾之星と亞太電信は多少料金が安いみたいです。

ただ、サービスエリアとか繋がりやすさとかはどうなんでしょうかね。

私は、最初の台湾旅行が台北松山空港着だったので、中華電信のサービスカウンターしかない

台北松山空港では必然的に中華電信のSIMを買うしかありませんでした。

結局その後の旅行でも中華電信のSIMしか使ったことはないので、以降私の話は

中華電信SIMの話として読んで下さい。

では、SIMの購入利用方法に行きましょう。

その前に、購入利用には以下の点に注意して下さい。

まず、20才以上であること。20未満の人は購入できません。

お手持ちのスマホがSIMフリースマホであること。

最近では格安スマホを利用する方が増えてきて、はじめからSIMフリースマホをお持ちの方も

多いでしょうが、キャリアのスマホを使っている方はSIMフリー化の手続きが必要です。

旅行前に済ませておきましょう。

支払は現金のみ

購入にあたっては現金のみの取扱となります。クレジットカードは使えません。

ですので、SIM購入前に台湾元への両替を済ませておきましょう。

必要書類はパスポート+写真付きの身分証明書。

必要書類なんですが、中華電信のウェブサイトではパスポート+写真付きの身分証明書

と書いてあります。私は今まで6回のSIMカード購入でパスポート以外の身分証明を

求められたことはありませんが、念のため運転免許証など写真付きの身分証明は

お持ちになったほうが良いと思います。

次に料金です。

中華電信の料金表は下のとおりです。(17年8月現在)

ご自分の旅行日程に合わせてプランを選択して下さい。

購入が済んだら、設定です。

特別難しい設定はないと思いますが、もし設定に自信がなければサービスカウンターの人に

やってもらったほうが良いと思います。よほど混雑してない限り、

やってくれると思いますよ。

ご自分でやる場合は、まず普段利用しているSIMカードを取り外し、

購入したSIMを取り付けたらスマホのAPNの設定をします。

私の使っているZenfone3 laserでの設定だと次のようになります。

・設定を開いたら「もっと見る」をタッチ。

・つぎに「モバイルネットワーク」をタッチ。

・つぎに「アクセスポイント名」をタッチ。

APNの設定画面になるので新規にAPNを追加します。

・下の画像の矢印にある+マークをタッチ。

APNの名前はなんでもかまいません。(例えば「TaiwanNet」とか)

名前の下のAPNには「internet」と入力して下さい。

これで保存して終わりです。

後は、中華電信から開通のショートメールが来たら完了です。

これで台湾のネット環境を無事手に入れることができました。

もしショートメールが来ないという場合は、どこかで設定が

間違っているかもしれないので、もう一度設定を見直して

それでもできない場合は、素直にサービスカウンターの人にやってもらいましょう。

色々と書いてきましたが、実は私、最初の台湾旅行でやらかしちゃってるんです。

注意点でも書きましたが、SIMフリーでなければいくら設定しても繋がりません。

私は、当時ドコモの白ロムをIIJmioで利用していたんですが、「ドコモではなくMVNOで

使っているんだから、俺の端末はSIMフリーだろ。」って思ってたんですよ。

いざ松山空港でシムカードを購入する時カウンターの人に、「Is this sim free?」

と聞かれ「Ofcourse!」なんて答えて(恥ずかしいですね。)、シムを購入。

シムを挿してネットに書いてあるとおりの設定をして使おうとしたら全然繋がらない。

(当たり前ですね。)カウンターの人に色々いじってもらっても繋がらない。

(だから、当たり前だっての。)カウンターの人は間違いなく思っていたでしょう、

「・・・これSIMフリーじゃねーだろ。」

みなさんは私のような失敗をせずに、台湾でのネット環境を手に入れて

楽しい台湾旅行にしてくださいね。

追記

2017年8月7日から中華電信のSIMカードが日本でも買えるようになったそうです。

取扱はテレコムスクエアで下記の場所で購入できるそうです。

成田空港 第1ターミナル 地下1階「モバイルセンター成田第1」(7:30-21:00)

成田空港 第2ターミナル 地下1階「モバイルセンター成田第2」(7:00-21:00)

成田空港 第3ターミナル 本館2階「モバイルセンター成田第3」(6:00-21:00)

羽田空港 国際線ターミナル 3階  「モバイルセンター羽田空港」(6:30-23:00)

詳しいことはテレコムスクエアへお問い合わせを。

http://biz.telecomsquare.co.jp/telecomsquare/

今のところ取扱は5日間用のSIMカードのみで値段は1400円です。

台湾で購入するよりは少し割高ですが、松山空港や高雄空港はまだしも

桃園空港では購入するのに行列ができてしまう時もあるみたいですし

設定がわからない時も、日本語で対応してもらえるのは安心ですから

コレは良いと思います。

次回台湾旅行に行くときは、是非コレを利用したいと思います。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。