台湾旅行で役立つ豆知識 悠遊カードとiPass

前回、台湾旅行で役立つ豆知識でSIMカードのご紹介をしましたが、

今回は台湾の交通ICカードについてです。

パックツアーなどで台湾に観光旅行に行き、観光地すべてを観光バスで回ったりして

公共交通を使う機会が無い方、または使っても1回2回という方は

必要ないかもしれませんが、そうでない人は間違いなく持っていたほうが

便利なのが、交通ICカードです。

カードの種類

日本でも、色々な交通ICカードがありますが(SuicaやICOCAなど)、

台湾にも2種類の交通ICカードがあります。

一つは台北を中心として台湾全土で使える悠遊カード(悠遊卡)、

もう一つは高雄を中心として台湾全土で使えるiPass(一卡通)があります。

コチラ悠遊カードです。左は私が台湾で購入した通常柄、

右が台湾観光協会のキャンペーンで貰った限定柄です。

 

コチラはiPassで左が通常柄、右が台湾のグループ「魔幻力量」の限定柄です。

これらは高雄MRTのサービスカウンターで購入しました。

 

どちらのカードを買うか

どちらのカードを購入したら良いかについては、基本的には台北が入国地であれば

悠遊カード。高雄が入国地であれば、iPassになると思います。

日本でも東京であればSuica、関西であればICOCAを購入するというのと

同じだと思います。

注意点としては、それぞれに一部使えないサービスや路線があること。

まずチャージなんですけど、悠遊カードは高雄MRTの駅でチャージすることが出来ません。

高雄で悠遊カードにチャージする場合は、セブンイレブンやファミマなどの

コンビニでチャージすることになります。

iPassは以前、台北MRTの駅でチャージすることは出来ませんでしたが、

現在は台北MRTの駅でチャージすることが出来るようになりました。

新しい日本語対応のチャージマシンでチャージできます。

利用できない路線に関しては、iPassで貓空空中纜車(猫空ロープウェイ)は

利用できません。

また高雄輕軌(ライトレール)で悠遊カードの利用はできません。

それでも今までは無料運行だったのでタッチする必要がありませんでしたが、

近々有料化になるそうで、ライトレールに乗る方はiPassが必要です。

(ライトレールは悠遊カードだけでなく現金での利用もできません。)

ただ今後カード対応サービスの共通化は徐々に進むでしょうから、

近い将来、なんの障壁もなく使えるようになったらいいですね。

購入方法

購入方法は悠遊カードもiPassもそんなに違いはありませんが、

以下悠遊カードの購入方法になります。

購入方法ですが、MRTの自動販売機やサービスカウンター、セブンイレブンや

ファミマなどのコンビニで購入することができます。

私がオススメするのは駅のサービスカウンターでの購入ですね。

自動販売機は人と話す必要はありませんが、表示は基本中国語なので

(一部日本語対応の販売機もあるみたいです。)上手く買えるかどうか

心配ですよね。

サービスカウンターであれば英語であればできる方は結構多いですし、

運が良ければ日本語が話せる方に当たるかもしれません。

でも言葉が通じなくても「我要買悠遊卡」と書いて見せればOK、悠遊カードを買えます。

(漢字の国に生まれてよかったなぁ)

それと、自動販売機で買うとカードの柄は基本的に通常の柄しか出てこないんですが

サービスカウンターであれば限定カード(上の画像にあるような)を買えるときもあるので、

それを購入すれば、いいおみやげになると思います。

悠遊カードの料金なんですが以前は貸与方式でデポジットとして100元必要でした。

カードの返却時に手数料を引いてチャージ分と共に返金されたんですが、

今は買取制になっていてカードの値段が100元ということになっています。

なので手数料を払えばチャージ額の返金はできますが、カードの100元は戻ってきません。

チャージ方法

チャージ方法もいくつかあります。まずは、MRT駅のチャージ機でのチャージから。

チャージ機は何種類か有りますが、以下説明するのは

日本語対応のチャージ機でのチャージ方法です。

最初このような画面になっているので、画面下真ん中の「日本語」をタッチして下さい。

ちなみにこの機械は、先ほど書きましたがiPassのチャージも出来ますよ。

ハイ、日本語表示に変わりました。

次に、画面右側の「ICカードチャージ」をタッチして下さい。

画面が変わったら、画面右横、硬貨投入口の下にある「感應區」と書かれた

プレート(画面右下に黄色のプレートがチョットだけ見えてます)の上に

ICカードをおいて下さい。

すると、このような画面になります。

画面左上が、カードの種類(悠遊カードかiPassか)と有効期限とカード残額。

右上が、前回のチャージ記録。

そして気をつけたいのが、一番下に赤字で書かれている「お釣り返却不可能」

これは、例えば1000元札を入れて500元分をチャージ、お釣りを500元もらう

というような使い方は出来ないということです。

1000元入れたら、1000元チャージ。500元入れたら500元チャージ。

という使い方しか出来ないということです。

今回私は100元分チャージをしたかったので、100元投入。

このような画面になるので、よろしければ「次へ」をタッチして下さい。

最後、チャージ前金額とチャージ額、チャージ後金額が出て終了です。

機械でのチャージ以外でも、MRTのサービスカウンターやコンビニでもチャージが出来ます。

その場合は「加值○○○元」(○の中はチャージしたい金額)と書いて

駅員や店員に見せて下さい。チャージしてもらえます。

利用するとどんなメリットが有るの?

悠遊カードやiPassで台北MRTに乗ると運賃が2割引きになります。

さらに、台北MRTと路線バスを乗り継ぐ場合は合計料金から8元割引きされます。

高雄MRTでは、iPassのみ割引があります(15%)悠遊カードの場合は

通常運賃になります。

また台鐵も全線で利用できます。太魯閣號や普悠瑪號、観光列車や団体列車など

一部列車には乗ることはできませんが、自強號や莒光號などの急行列車も

悠遊カードやiPassで乗ることができます。

しかも、乗車距離70kmまではICカードで乗ると普通運賃の1割引きで

乗車することができます。もちろんコレでもお得なんですが、それに加えて

普通運賃より割高な自強號や莒光號も70kmまでは普通運賃の1割引きで

乗ることができるんです。

例えば私が以前利用したことがある高雄~台南間だと、通常運賃は普通運賃が68元、

莒光號だと82元、自強號だと106元になります。なのでICカードで自強號に乗ると、

通常運賃のおよそ4割引きで乗車できることになります。コレはめちゃ得ですね。

ただし、莒光號や自強號は全席指定になっているので、ICカードで乗車した場合は

無座扱い(立ち席)になります。ただ、もし開いている席があれば

そこの指定券を持っている人が来るまでは座っていることができます。

まぁ、70km以上の距離を乗られる方は、70km以上の分は割引になりませんし

ICカードで乗って座席があるかどうかドキドキするより、

素直に駅の窓口で指定券を買ったほうがいいとは思いますが。

路線バスについては、殆どのバスで利用できます。ここでもICカードを

使うメリットがあります。

台湾の路線バスは日本の路線バスと違って、両替することができません。

また、お釣りも出てきません。乗車運賃分を小銭で持っていれば問題ないですが、

そうでない時もあるでしょうから、台湾の路線バスに乗る時にICカードは

必携のカードになります。

それから、バスを利用する前には忘れずにチャージをしておいてください。

バスではICカードのチャージはできません。

 実際の利用方法は?

まず鉄道なんですが、これは日本と一緒。

「感應區」と書かれたタッチセンサーにタッチすれば入場。出るときも同じです。

路線バスも「感應區」にタッチするのは一緒ですが、運転席の上のあたりや

降車口付近に、いつ料金を支払うのかを示す電光掲示板がありますので、

必ずそれを見て下さい。

「上車収費」か「下車収費」か「上下車収費」になっています。

「上車収費」は乗車時に支払い、「下車収費」は降車時に支払い、

「上下車収費」乗降車時2回支払うということです。

また日本と同じで、主だったコンビニやドラッグストア、

スーパーマーケットの買物でも利用できます。

コチラの利用方法も日本と全く一緒。「ピッ」とタッチするだけです。

日本でもそうですけど、レジ前で小銭を数えて出すのって案外時間がかかります。

それに加え使い慣れない台湾の硬貨ですから、パッと見て硬貨の単位を判断するのも

ナカナカ難しいです。

そういう時に限って、自分の後ろに列ができてたりするんですよね。

数えるのが面倒くさいからといってお札で払ってお釣りをもらっていると、

いつの間にか小銭がジャラジャラということにもなります。

やはり、ICカードで支払ったほうがスマートです。

あっ、でも小銭ジャラジャラになってしまったら、先ほどのチャージ機で小銭での

チャージもできます。これで財布もスッキリしますよ。

最後に私だけの経験かもしれませんが

コレは私だけの経験かもしれませんが、日本のSuicaなどに比べると

カードの読み取りが少し弱いのかなと思いました。

日本ではSuicaを革製のパスケースに入れて使っているんですが、

特に改札でパスケースから出さなくても、読み取りエラーはほとんどありません。

しかし悠遊カードはパスケースに入れたままタッチすると、

ほぼ毎回読み取りエラーになってしまいました。

なので、利用する時はパスケースなどからは出して使ったほうがいいと思います。

地球の歩き方MOOK 台湾ランキング&マル得テクニック2018-19 (地球の歩き方ムック)

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。