台湾旅行で役に立つ豆知識 レンタルスクーター走行編

前回の記事で、スクータの借り方をお伝えしましたが、

今回は実際に走る上で、気をつけたほうがいいかなということを

お話したいと思います。

まず基本的なところですが、台湾は右側通行です。

なので、普段左側通行の癖が身についている我々日本人は、

最初のうちは、特に慎重に運転した方がいいと思います。

無意識のうちに左側通行をしてしまう場合もあると思うので。

私が台湾でスクーターを運転して、一番「えっ?」って思ったのは

みんな平気に信号無視をしていくところですね、こんな感じや。

こんな感じで。

ほとんどの車やスクーターは左を見て入ってきますが、

中にはこんな感じで、後ろを全く見ないで入ってくるスクーターもあります。

とにかく交差点では前方の信号が青でも、左右から車やスクーターが来ると思って

意識しながら運転した方がいいですよ。

その他に関しては、日本とそんなに変わらないなと思いました。

日本でも、とばす車や急な車線変更をする車などはよくいますからね。

逆に広い幹線道路では、スクーター専用レーンがあるので

とても走りやすかったですよ。

それから、色々なところでスクーター進入禁止レーンがあります。

判りづらいかもしれませんが、下の画像に「禁行機車」と黄字で書いてあります。

こちらが書いてあるレーンはスクーター通行禁止です。

(モチロン、このあとすぐに車線変更しましたよ。)

基本的に道路の右側を走行していれば、このレーンに入ることはないと思うので

道路の右側を走っていきましょう。

スクーターで走り回っていれば、ガソリンもなくなってきます。

次は、ガソリンスタンドでのガソリンの入れ方。

私が走った印象だと、台湾は日本よりガソリンスタンドが少ない印象でした。

なので、”E”ギリギリまで走るようなことはしないで、スタンドを見つけたら

早めに給油をした方がいいと思います。

でもこれは、日本でも地方に行ったらおんなじですね。

給油方法ですが、大きなスタンドだとスクーター専用給油レーンがあるので

そちらの方へ。

ない場合は、日本と同じく空いている給油機の前に行けばいいと思います。

台湾ではオクタン価が3種類あって、92,95,98になってます。

日本のガソリンはレギュラーが91~92、ハイオクが98です。

なので、通常スクーターであれば92でOKだと思いますが、

スクーターを借りる時に、お店の人がオクタン価を指定すると思いますので、

それに従えばいいでしょう。

今回レンタルスクーターショップの人は「92」と言っていたので、上の動画では

92を3リッター分入れてもらいました。

私は3リッター分なんて注文してましたが、面倒くさければ

オクタン価の種類を言って、「ジャーマン」と言えば、

満タンで入れてくれるので、それでいいと思います。

前回の記事でも書きましたが、特に地方ではスクーターを借りると

行動範囲が広がって、ホントに良いと思います。

上で、一部私が台湾でスクーターに乗った時の動画を紹介しましたが、

それ以外にもたくさん台湾でスクーターに乗った時の動画を

youtubeにアップしているので、是非チャンネル登録をして御覧ください。

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。