私が行った台湾おすすめの場所 日本人が祀られている廟ー鎮安堂飛虎将軍廟(台南)

今回みなさんにご紹介するのは、鎮安堂飛虎将軍廟です。

飛虎将軍廟は台南郊外にある廟なんですが、

日本人ととてもゆかりの深い廟です。

廟に主神として祀られているのは旧日本海軍パイロットの

杉浦茂峰兵曹長(戦死後に少尉)です。

どうしてこの方が、台南の地で神として祀られているかというと

1944年、杉浦少尉搭乗の零戦が台南上空で米軍機と戦闘になり

撃墜されました。

その時に、この廟のある付近の集落に落ちるのを避けるため脱出が遅れ

戦死されたそうです。享年21歳でした。

戦後、自身を犠牲にして集落の人々を守ったとして、

村人が感謝の意を表し慰霊のために廟を建築しました。

今では、午前には「君が代」、午後には「海ゆかば」が廟内に流され

地元住民の厚い信仰を受けているだけでなく、私のように日本人も多数参拝に来るそうです。

中央が、杉浦茂峰少尉20歳の時の写真です。

幼さの残る顔立ちですが、意志の強さを感じる表情ですね。

左は、台湾のイラストレーターの方が描いた杉浦少尉。

みなさん台南に来た際は、是非訪れてみて下さい。

あっ、そうそう 杉浦少尉はタバコが大好きだったそうで

廟には、タバコに火をつけてお供えできるようになってます。

ですので、参拝の際はお供えのタバコを忘れずに。

飛虎将軍廟以外にも日本人が祀られた廟にいくつか行きました。

それらは次回以降紹介したいと思います。

鎮安堂飛虎将軍廟

場所は台南駅から3番のバス「海東國小」行きに乗り「同安路口」下車

徒歩約5分です。

鎮安堂飛虎将軍廟

住所:台南市安南區大安街730-1號

LOVE台南 台湾の京都で食べ遊び

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。