台湾旅行で役に立つ豆知識 オンライン入国カード申請

今回みなさんにご紹介する豆知識は、インターネットでの

入国カードの申請についてです。

台湾旅行に行くと必ず入国カードを書きますよね。

飛行機に搭乗すると、アテンダントの方たちが配るあの白い紙です。

で、記入そのものはほんの2,3分で終わってしまうんですが、

たまに配ってもらえなくて、「到着してから空港で用紙をもらって記入して下さい。」

なんて言われることが有ります。

入国地が松山や高雄であれば、そんなに問題になることはないんですが、

これが慢性的に入国時間のかかる桃園だと、便によっては

空港で入国カードを書くその2,3分の記入時間が

入国に掛かる時間に、大きく影響することが有ります。

なので、なるべく時間を有効に使えるようにオンラインで事前に入国カードを

申請しておきましょう。

まずはこちらの入国カード申請ページに行きましょう。

ページ下の方にスクロールして行くとこのような画面になります。

次のように、情報を書き込んでいきます。

  • 姓 Family Name

こちらはパスポートに記載されている姓を英文で記入します。

  • 名 Given Name

同じようにパスポートに記載されている名を英文で記入します。

  • 中文姓名 Chinese Name

記入不要です。

  • 出生日期 Date of Birth

生年月日をyyyy/mm/ddの書式で記入します(例 1980/04/18)

  • 性別 Sex

性別を選択します。

  • 國籍 Nationality

国籍を選択します。

  • 護照號碼(大通證)Passport No.

パスポート番号を記入します。

  • 航班/航名代碼 Flight/Vessel No.

往路のフライトナンバーを記入します。(例 BR189)

  • 預計入境日 Expect Entry Date

台湾への入国日をyyyy/mm/ddの書式で記入します。(例 2017/12/31)

  • 職業 Occupation

一覧の中から職業を選びます。(例 会社員→職員、主婦→家庭主婦、学生→學生

  • 簽證種類 Visa Type

日本人で90日以内の観光であれば免簽證Visa-Exemptを選択します。

  • 入出境證/簽證號碼 Entry Permit/Visa No.

上記で免簽證Visa-Exemptを選択している場合は、記入の必要はありません。

  • 旅行目的 Purpose of Visit

旅行目的を選択します。(例 觀光 Sightseeing)

  • 居住地 Home Address

現住所を記入するんですが、上段の国の選択だけでOKです。(例 Japan)

下段は記入する必要はありません。

  • 來台住址或飯店名稱 Residential Address or Hotel Name in Taiwan

ホテル以外に滞在する場合はResidential Addressを

ホテルに滞在する場合はHotel Nameを選択します。

次は滞在する都市を選択します。

最後にホテル以外に滞在する場合は、その場所の住所を

ホテルに滞在する場合はホテル名を記入します。

日本語で入力すると文字化けする可能性があるので、

住所やホテルは英文で記入するほうがいいと思います。

  • 行動電話 Cell Phone Number

記入不要です。

  • 電子郵件 Email Address

記入不要です。

記入が完了しましたら、一番下の「confirm」ボタンをクリックします。

次のような確認画面になります。

記入されている情報に誤りがなければ一番下の認証コードを入力して

「Apply」ボタンをクリックします。

次のような「success!!」の画面が表示されたら、「OK」を押して

終了です。

これでオンライン入国カードの申請は完了しました。

申請後、登録内容の確認はできないので心配な人は

入力内容確認画面を保存したり印刷しておくのもいいと思います。

また、入力内容が間違っていたかもしれないと思っても大丈夫です。

申請は何回でもやり直しが出来ますから。

入国時は、入国審査官にパスポートを渡して「オンラインアライバルカード」

と言えば、大丈夫です。私はいつもそう言ってます。

簡単に申請できて、入国に掛かる時間を節約できるオンライン入国カード

ぜひ皆さんも利用してみて下さい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。